知って得する除菌マナー:記事詳細

2019年10月01日

妊婦とインフルエンザ

SnapCrab_NoName_2019-10-1_11-15-14_No-00

インフルエンザは、妊娠していない生殖年齢の女性よりも妊娠中の女性に重度の病気を引き起こす可能性が高くなります。妊娠中の免疫系、心臓、肺の変化により、妊娠中の女性(および分娩後2週間までの女性)は、入院をもたらす病気を含め、インフルエンザによる重度の病気にかかりやすくなります。

インフルエンザは、妊娠中の女性の発達中の赤ちゃんにとっても有害である可能性があります。一般的なインフルエンザの症状は発熱であり、これは神経管の欠陥や発達中の赤ちゃんの他の有害な結果に関連している可能性があります。予防接種を受けることは、出生後の赤ちゃんをインフルエンザから守るのにも役立ちます。(ママは妊娠中に発達中の赤ちゃんに抗体を渡します。)

 

◆インフルエンザワクチンの安全性と妊娠

SnapCrab_NoName_2019-10-1_11-15-25_No-00

インフルエンザから保護するための最初で最も重要なステップです。妊娠中の女性は、インフルエンザの予防接種を受ける必要があります。妊娠中に投与されるインフルエンザワクチンは、母親と赤ちゃんの両方をインフルエンザから保護するのに役立ちます。

ワクチン接種は、妊婦のインフルエンザ関連急性呼吸器感染症のリスクを最大で半分まで減らすことが示されています。2018年の研究外部インフルエンザの予防接種を受けることで、妊婦がインフルエンザで入院するリスクを平均で40%減らすことが示されました。インフルエンザワクチンを接種した妊娠中の女性は、出生後間もないワクチン接種を受けるには早すぎる赤ちゃんをインフルエンザから守ります。

 

→ブランドサイトはこちら

→amazon購入ページはこちら

→Rakuten購入ページはこちら

 

会社概要 Company Data

電話番号:03-6272-9787
お問い合わせ
  • twitter
  • facebook
会社名 ナノクロシステム 株式会社
設立 平成19年5月7日
住所

住所:〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-10-15
FAX:03-6272-9787

代表取締役 徳永 道男
事業内容 ・衛生管理用品の企画・製造・販売
・健康関連商品の企画・製造・販売
・環境・エコ関連商品の企画・販売